2017年10月19日

傷ついたというほどではないけど心にいつまでも残るモヤモヤ



最近バイトをしていて思うこと。

指導の仕方が理不尽になりがち。

まああっちも理不尽なことになってるとは知らないで言ってるんだろうからしょうがないけどね。全貌を分かって指導するわけではないから。

さて、
昨日も昨日とていくつかミスをしまして。店長から呼び出されたりなんかして。すみませんってしたんですが。

自分の心を守るための自己防衛なのかもしれないけど、自分では「ミスしたところは怒るけどミスしてないところは褒めもしなければミスしないのが当然のような感じで、カウントに入れてないのおかしい」と思っているので(まあたしかにそれが仕事というものなんだろうけど)、まだ習って日の浅い用件に関するミスのときは自分で「まだ○日目だから」「逆に他のことはできてるわけだからすごい」などと思っている。クズかもしれない。

ここからが本題なんですが。

それで昨日もミスして、「なんで聞かないの?自分で判断するな」と注意されたんですよ。

でも、「なんで聞かないの?」って言われるからって実際に聞くと、「それはこの間のあれと一緒だろうが!」ってそれとこれが一緒と教えてもらってないのに怒られるわけです。

つまるところ、私は何を聞くべきで何を聞かないべきなのかわからない。私は彼らと同じ枠組みをまだ頭の中に持っていないので、教えてもらっていない時点でどれが同じに扱えてどれが同じに扱えないのかなんて分からないわけです。

言い訳くさいけど。

で、つまり、聞こうが聞くまいがどっちにしろ怒られるわけです。あーこれうちの毒親と同じってなったわけです。どうしようもねえな、と。毒親だったらじゃあ聞かないで勝手にやる知るかってなるんですが、仕事なので、どうせ怒られるんだったら聞いて怒られようと思いました。

あとは、バイト中にドアを開けたらその向こうでベテランさん2人がどうも私の愚痴を言っていたらしく、とりあえず「(失礼しますという意味の)すいませ〜ん」と言いながら聞かなかった風に通り過ぎたんですが、そのあとベテランさんの私への当たりが少し弱くなってて気にしなくていいのに…と思いました。

愚痴を言われるだけのことをしてるという自覚はあるので、愚痴を言われても「そりゃ言いますよね〜、すいません〜」って思うだけであんまり気にしないし(勿論した失敗は気にするし改善しようと反省しますが)今回だと特にグサッと傷ついてメソメソみたいのはないので、私のメンタル強くなったなあと感じてます。

ただ本当に全く影響がないかと言えばそうではなくって、こうやって一日越しに記事を書くぐらいには記憶に残るし心に残るんですよね。ただあんまり打撃がないってだけで。

打撃っていうか、ポスターみたいに貼り付いてる感じ。あんまりネガティブ一色って感じではなく。

単純に私に関する愚痴を言われている現場に鉢合わせたことがないので面白いし珍しいっていうのと、愚痴を聞かれた人たちがどう行動するかっていうのを観察できたので貴重な体験だなって思っている面もある。というかそっちのほうが大きいかもしれない。

結局、自分でも「そりゃ愚痴言うよね」って納得しちゃってるので傷つかなかったのかもなあ。
  • 20171019164808570.jpg
posted by ヤナ at 16:48| Comment(0) | アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

恋愛イベントは私には起こらないという自信



恋愛関連のイベントは私には起こらないだろうという自信がある。なぜかある。反例もある。

長期(1〜2週間)のインターンシップに行くことになった。コネで。仲いい子のコネで。

それまでに行ったことがある子2人から体験談を聞いたところ、驚いたことに、2人とも1週間しか行っていないのにその間にインターンシップ先の人から告白されたらしい。

いや、たしかに2人とも魅力的な方ですよ。魅力的っていうかいい子。素敵な子。心が優しい明るい子。恋愛しない私が魅力的とか言ってもあんまり説得力ないからね。

でもさ、いうてたったの1週間だよ???たったの1週間インターンシップ行っただけで告白される???超怖いね???しかもインターンって今後その会社に入る可能性もあってのものじゃん?それも考慮して告白してる?してないよね?何それ怖い???

でも私はそれでも行こうと思ったよ。私には恋愛イベントは起こらないという自信があるから。

起こったら本当に無理。体調を崩すぐらい無理。

あの、私恋愛嫌悪なので、恋愛対象にされてると分かった時点でストレスかかるんですよね。性嫌悪もあるから性対象の場合もなんですけど。

具体的に言うと、こいつ私の事好きなんじゃね?と分かった時点で気持ち悪くてご飯食べれなくなるし思いつめるし死にたくなる。気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い。

正直まあ自傷の一種としての拒食気味なんじゃないかとは思いますけどね。食べなければゆくゆくは死ねるし。

とりあえず他人に恋愛対象や性対象にされることへの嫌悪感と自傷してしまうようになることが辛いのでとても迷惑です。

だからこそ恋愛対象や性対象から外れるように行動して生きてきた面もあるのだと思う。

まあそこは別の機会に話すとして、にも関わらず色恋沙汰は起こらないという謎の根拠のない自信があります。なぜだろう。知らない。
  • 20171018204230372.jpg
posted by ヤナ at 20:37| Comment(0) | セクシャルマイノリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

お前らの暗黙の了解なんか知るかよ



あのねえ、おこですよ。ヤナさんおこです。

最近入ってきた新人アルバイトにね、そちらさんの内輪ネタなんか通じませんから。

内輪のルールなんて知りませんよ。

あなた方の暗黙の了解なんて教えてもらわないと知りませんよ。知らないからって怒られるのおかしいでしょ。教えろよお前が。お前が叱られろ。

いいよ、いいよ、誰が何を教えて誰が何を教えてないかとか誰が何をどう教えたかなんて共有されてないのは分かるよ。

でもさあ、私教わってないことに関して怒られるの納得いかないよ。というか理不尽だって思うよ。

知らなかったって言ってるのにこうなんだよって教えるときに怒るのおかしいだろ。こっちが怒りたいわ、教わってないのに怒られてんだから。勘弁してくれ。

っていう愚痴。

って思ってるけど、おこだけど、別に「この人こういう人なんだろうな」って思って割り切ってるからすごく感情的に怒っているというわけではない。

ただ納得行かないなあ理不尽だなあほへーってしてる。

  • 20171017213813881.jpg
posted by ヤナ at 21:38| Comment(0) | アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

「あなたが普通に生まれてよかった」の呪い


正直この記事を毒親のカテゴリーに入れていいのか、はたまた精神的なことのカテゴリーに入れたほうがいいのか迷っているけど、とりあえず毒親の方に入れておきます。

うちの毒母は、本人が兄弟が多く楽しい幼少期だったからと私が一人っ子であることをひどく可哀想がるし、自分が一人しか産めなかったことを悲しく思っている人間である。

そしてその話になるたびに自己正当化をはかるため、こう言うのだ。

「あなたが普通に生まれてよかった」。

これは私が命の危険もなく無事生まれてきたことを意味するのではない。この言葉の意味は背景を知らないと分からない。

その背景とはこうだ。

毒母の兄弟は3人いる。一人は独身、一人(Aとする)は4人の子持ち、そしてもう一人(Bとする)は2人の子持ちだ。

Aの第一子はダウン症である。そして第三子はアスペルガー症候群の診断をもらった。(一応ネット検索をして何が差別的な単語で何がそうでないかをみていますが、間違っていましたらすみません。まだあまりこの範囲には詳しくないのです。)

Bの第一子は、いわゆるニートである。30代後半、一度も定職に就いたことがなく、親が死んだら私も死ぬと本人は言っているそうだ。幼い頃から"普通じゃなかった"と母の独身の兄弟が言っているのを聞いたことがある。

それを踏まえての、

「あなたが普通に生まれてよかった」

である。

非常に差別的であるが、うちの毒母はそういうことを言うのである。たとえ自分の甥や姪を否定するようなことでも、自分の子どもにそういうことを何回も言う奴だ。

それを言われて私がどう思ったかというと、

「私は普通でないと愛してもらえない」
「私が普通でいないと落胆される」
「私は普通でいないと嫌がられる」

「私は普通でないと親の期待に添えない」

私はセクシャルマイノリティだ。私は精神を病んだ。私はおそらく、おそらく、発達障害のグレーゾーンにいる。

私は普通じゃない。

私は普通じゃないけど普通でない私は存在してはいけない。

あれは私にそういう呪いをかけた言葉だった。

私は親にカミングアウトするつもりはないし、それが必要になる前にさっさと死んでほしいと思っている。

私は毒親のせいで、毒親からの精神的虐待や性的虐待のせいで心を病んだ。(勿論原因はそれだけではないけれど、もし私が親からしっかりと自尊心を持てるような健全な幼少期を送らせてもらえていたらあんなにも精神を病むことはなかったと思う。)

私は病院に行って診断をもらうのが怖い。

「普通でよかった」は呪いだ。その上その「普通」というのは「彼ら」にとっての普通であって、私の普通でも世界の普通でもなんなら世間の普通ですらない。

普通でない自分を知られるのが怖い。

この気持ちは私の人生に多くの影響を及ぼした。他人に自分の好きなことを言えない。秘密主義者と言えばありきたりだが、恐怖から他人に知られたくないというのはまた違うと思う。知られたくない。何が他人にとって「普通」なのか分からないから。何が他人にとって「異常」なのか分からないから。嫌われたくない。落胆されるかもしれない。気持ち悪がられるかもしれない。嫌われるかもしれない。

親から植え付けられたその概念が私を邪魔する。

  • 20171015214149721.jpg
posted by ヤナ at 21:41| Comment(0) | 毒親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

刑事ゆがみの神木くんが好きという話


たまたまテレビをつけていたらたまたま刑事ゆがみというドラマが始まってたまたま第一回でたまたま神木くんが出ていたので見た。

神木くんはわりと好きである。顔は好みではないけど動いてるとかっこいいよね。スタイルいいしね。

さてさて、それで神木くんの役どころは羽生虎なんちゃらという新米?刑事?の役でして。出世したい出世したい正しいことだけしていたいっていう。

もうお分かりの通り、登場人物の名前とか覚えられない質なのでその羽生というキャラを神木くんと呼ぶことにするけど、私の考察としては、神木くんは恋人に貢ぐタイプだと思うんだよね。

愛をとても求めてそう。

正義感に駆られているのも正しくあることで愛されるに値する人間で有り続けるという思想があるんじゃないかなあ。与えれば与えられるという思考が強そうだから、恋人に貢げばいつかそれに見合った愛が返ってくると信じてそうだし、そうやってカモにされてボロボロになって捨てられそう。

あとあのドラマの主人公はゆがみさんじゃなくて神木くんだと思うんだよねえ、偏見かもだけど。

なぜならドラマって普通初回は主人公にフォーカスした回を流すはずだから。私調べだと。

第一話が神木くんの恋の話だったので神木くんは恋愛をする人間なのだという前提に立って少しTwitterで考えたのだけど。

神木くんは自分の性質を正義の概念で強制的に抑圧して無理矢理捻じ曲げて認知の歪みを駆使して生きてきたタイプだから、その性質それ自体を受け入れてくれる人に恋に落ちると思うし、その人にベタベタしながらめっちゃメソメソしそう。

神木くんの認知の歪みすごそうだよね。自分の本心を「それは正しくないし正義でないから持ってはいけない感情で、僕は正しく正義である(べきな)のでそれは本心ではない」って思ってそう。

あと「警官=正義」のアイデンティティが強すぎて絶対他のところで何か大きなものを抑圧してると思う。そのアイデンティティに縋って目を逸らさなければならないような大きなもの。それこそが「正しくない・正義でない自分(の本心)」である可能性は大いにある。

で、恋愛の話に戻るけど、正義とか正しさの概念によって清楚・真面目・かわいい系の古風な子に惹かれがちだと思う。一話みたいに。でも最終的には破天荒な子とくっついて振り回されながら生きるんだと思う。

って思ったところで「じゃあ刑事ゆがみとくっつけばいいのでは?」と思ったけど、多分これもう多くの世間の腐女子さんが気づいて作品制作に取り掛かっているところだと思うので、そちらに頼ろうと思う。

初っ端からこんな感じの悲恋ものにしたということは、神木くんの「法に則って仕事をする」という誇りや正義感というものは愛の前においてさえ投げ出してはいけないし投げ出さないという決意を強固にするためのイベントとして初回に持ってきた可能性があるし、もしくは毎回寅さん的な感じで事件に関係する人に神木くんが惚れては失恋するというのを繰り返すタイプのドラマかもしれない。

実際元ネタの漫画?について調べたけれど、原作だと神木くんの役はむっつりドスケベの女好きだと出てきたので、原作でも事件がある度に誰かに恋しているんだろうし、ドラマ化でもそれがあり得るなってさ。

  • 20171014125445274.jpg
posted by ヤナ at 12:55| Comment(0) | 神木隆之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

小説が読めないのは効率至上主義のせいかもしれない?



私前にもこの「嫌い」カテゴリーで本が読めないだか小説が読めないだかって投稿をしたんですがね。

本の中でも特に小説が読めないんだって話をしたわけです。論文みたいのならまだ読めると。

で、なんでかな~って考えたときに、効率至上主義的な考えが根っこにあるからかなあって。うちの毒母から植え付けられた効率至上主義よ。

まあうちの毒母は自称文学少女らしいですけどね。

結局、小説だと殆どが何かしらのフィクションだから、自分で調べない限りは小説内の事象が現実で存在するのかしないのか、正しいのか正しくないのか分からないわけです。で、私はそこの事実関係を自分で調べたくない。手間だと思ってしまう。

だったら最初からフィクションや嘘を書けない論文やエッセーのほうがいいでしょうって思考回路なんですよね、きっと。調査する作業が減るから、効率的だってなってるんだと思う。

多分同じような理由でドラマや映画にも興味がなかったんだろうなあ。

最近はわりとそれらも気になって触れるようにはなったけれど。

ただそうなるとじゃあなぜお前は漫画やらアニメやらを好んでいたのか?って話になるけれど、それは多分、明らかに三次元化できないものというか、実物でない、実際出ない、絵や映像があちらから提供されていることで、もはや現実味がなく全てフィクションだと思いこめるからじゃないだろうか。

つまり、文字媒体というのは、現実である可能性を感じてしまうのよね、私は。でもアニメや漫画には現実である可能性を感じない。

たとえば、小説で「親メダカは自らが産んだ卵を食べる」と書かれると「えっ、そうなんだ」と思ってしまうけど漫画やアニメで同じことを言われても「ほんとかよ?」と思ってしまう、みたいな。

話はそれたけれど、そういうことで多分私の読書嫌いは私が真実と嘘を見分けられないことと事実関係を暴くのが億劫であることによるのだと思う。

  • 20171013195056324.jpg
posted by ヤナ at 19:51| Comment(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ヤナさんの幻の青汁探し


きっと誰も知らないと思うんですけど、私昔からとある青汁を探しているんです。

幼い頃に試供品としてもらった青汁を牛乳とまぜて飲んだらえらく美味しかった。砂糖も何も入れてない。青汁と牛乳のみ。

あまりにも美味しいので、うちの親がもったいながって自分は飲まないのにとっておいていた試供品の青汁を全部牛乳とともに飲み干した幼い私。

試供品が届くたびに牛乳とミックスして飲んでいたけれど、ある時突然違う味になってしまっていた。

というか単純に、違う試供品だったのだと思う。幼いから当時は味が変わったと思っていたけど。

で、その時から私はその幻の青汁を探しているわけです。

あの時飲んだ牛乳青汁をもう一度飲みたい!

そんな思いで今回のモニターにも参加させていただきました。

ミヤマ漢方&リアルネットファンサイト参加中

20171012192306812.jpg

今回のモニターは募集人数10人ということで、その中の一人に選んでいただけて本当に嬉しいです!

さてさて、そして私が懐かしい青汁を求めて試飲するのはこちらの商品。

20171012192840103.jpg

大麦若葉青汁+乳酸菌



20171012193554231.jpg

裏に「営業見本」と書いてあって不安になったけどもう開けて飲んじゃったのでどうしようもありませーん!はっはっは!

この大麦若葉青汁なんですがね、食物繊維が沢山入ってるんですって。7ヶ月間血便出し続けて大腸検査された結果痔で食物繊維を処方されたヤナさんにぴったりだね!

乳酸菌も入ってて、やはりお通じに良いらしい!

20171012195327682.jpg

さてさて、果たしてこの青汁が私の思い出のプレシャスな青汁なのか…?!

飲んでみた結果………











これじゃない!!!!

(笑)


しょうがないね、そんな気はしてた!だって2017年4月にリニューアルしたらしいし!(笑)

でもね、正直結構期待してたの。昔のあのファビュラスな味をまた味わえるんじゃないかって。また私の夢の青汁は別に探します。

で、大麦若葉青汁+乳酸菌の味はですね、健康的な味でした!

青汁って「苦〜い、もう1杯!」ってイメージだけど、これは「たくさん栄養入ってる!」って味がする。大麦若葉という植物を初めて聞いたし、初めて食べたし、初めて味を知った!とても栄養のある味がした!クセもないよ!


個人的にオススメのレシピは、

大麦若葉青汁+乳酸菌:お好み
牛乳:お好み
ガムシロップ:1個

です!
(簡単で雑な料理をするのでお馴染みのヤナさんだから量は適当だよ!)

甘くすると美味しいしより飲みやすくなる!

ミヤマ漢方製薬

皆さん、青汁に苦手意識を持っている方もぜひ一度お試しください!
posted by ヤナ at 20:34| Comment(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

私の美的感覚が世間のと合わない


化粧界隈と私の美意識が合わなくって化粧できない。

まず、アイシャドウのラメって変じゃない?

だって普通に生きてて瞼にラメなんてつかないじゃん。初めてまぶたにラメがついてるのを見たとき、「工作してたときに目を触っちゃったのかな?」と思ったもん。

変じゃん。

と思う。私は。良くわからない。不自然。

あと同じ理由で顔全体にラメがつくファンデーション?おしろい?も変だと思う。

前に友人がそういうのをつけていてひどくびっくりした。一応そういう商品が存在するということはもう知っていた頃だったから「本当にこういうものが存在してそれを愛好する人がいたのか…」と都市伝説を見た人のように感じた。

あとは、まつ毛が上がってるのも変だと思う。

だって普通に生きててまつ毛って上に上がらないでしょ???分からない、それが何故いいのか…

たしかに睫毛を上に上げることでデカ目効果とかあるのかもしれないけど、私は正面から見てまつ毛が急上昇している違和感に気を取られてしまって目のデカさとかを確認している場合じゃない。

とまあ他にも色々あるんだけど、そんなこんなで世間一般の化粧する人たちの美の常識と私の美の感覚が合わない。
から、友だちに教えてもらったメイクもどっかネットやら雑誌やらで見たメイクも気に食わないしキレイだと思えないので自分の顔にはできない。となると周りから手を抜いているとか思われちゃう。

世知辛えな。

多分これがTPOで化粧を変えなければならない社会の現象なんだろうな。

私のイメージだと、基準より濃いとか奇抜なメイクの人がTPOによって基準に合わせるイメージだったけど、今回の私の場合だと基準よりメイクをやらなかったり手数を踏まない人が基準まで増やすってかんじである。

不思議。つらい。

  • 20171010212146368.jpg
posted by ヤナ at 21:22| Comment(0) | 美醜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

人間の丸焼き



皆さん、日焼けして痛くて寝れないってことが人生で何回ありましたか?

私はまだない。

でも痒くて寝れないってことはあった。この夏に。

ってかそもそも私の留学先は太陽さんさん盛り上がる今年は歌いたい〜みたいな場所だったので、まあ肌が焼けますよね。日焼け止めだと思って現地で買って7ヶ月ほど使い続けていたものが日焼け止めじゃないという想定外の事件もあったし。だってprotección solarって書いてあったのよ???日焼け止めじゃん絶対そんなの…ひどい…

もうね、ものすごい肌ダメージだと思うんですよ。一年中夏だし。

って話をしていたら、募集人数50人のモニターに当選させていただきました!

20171007160613379.jpg

Rachel Wine MINIMALIST
ミネラルファンデーションファンサイト参加中

ミニマリストって、必要最低限のものだけを所持する人ですよね?それこそ部屋の中に机しかないみたいな。

で、このミニマリストって化粧品も、名前の通りデザインがとってもシンプル。

若干下のほうが赤が濃くなってるのも凝ってていいなあ。

20171008102751366.jpg

で、この商品がミニマリストなのはデザインだけじゃないんですね。

曰く、

「肌にとって理想的な化粧品は『何が入っているから良いのではなく、何が入っていないから良い』ということなんだよ」

だそうです。

つまり、ミニマムのスキンケアということですね。

ここが私としては好感の持てるところでした!というのも、私はいくつかアレルギーを持っていて、次何にアレルギーを発症するか分からずにビクビクして過ごしてるんですね。だから、あまり多くの材料が入っているとそれだけアレルギーになる確率が増える、怖いと思ってしまう。

その点このミニマリストは最小限のものしか入っていないので、安心して使うことができます!

20171008103511176.jpg

さて、私が頂いたミニマリストですが、洗浄、肌準備・水分補給、保湿・整肌を司る3商品のうちの保湿・整肌「ビオフォース」のものなのです。

実際は3商品全てを同時期に使用したほうがいいようですが、持ってないのでごめんなさい…!

謳い文句は「夏のダメージ肌をリセット」なので期待しています!

入浴後の乳液代わりに使って1週間ほどが経ちますが、お肌の調子がいい!2プッシュで顔全体にのばしています。

つけたあともベタベタしたりしないし、いい意味で塗ったことを忘れるような仕上がりです。

現在顔にだけ使っているので、夏の日焼けダメージを顔だけリセットされて顔だけ白くなったらどうしようなどと考えてますが…(笑)

まあそれはもう少し先に報告しますね!2週間以降に主な効果がよく見えてくる商品らしいので!
posted by ヤナ at 10:46| Comment(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

この世には恋愛する人間のほうが多いということに実感がわかなさすぎる


私は堂々と恋愛行動をされない限りこの世の人全てを恋愛しない存在だと思い込んでいる節がある。

いや、これは本当に、私が少数派でマイノリティで社会的弱者の立場だからさらっと流されて許されていることで、結局は異性愛者の人が同性愛者やら両性愛者やらその他の性的指向を持つ人々にやっていることと全く変わらないのだけれどさ。

それこそ、「全ての人類が(自分と同じ)異性愛者だと思いこんでいる」って状態の、Aセクシャル版よね、いわば。

「全ての(それを発露していない)人類が(自分と同じ)恋愛をしない人間だと思いこんでいる」のが私です。

でもまあ恋愛する方々は私がそんな思い込みを無意識にしているとも思わないし、恋愛する人間だとカミングアウトすることで不利益になることが一切ないので、平気で突然恋愛の話をしだしたりアウティングまがいのことをするんだけれど。

私からすれば、私が恋愛しないんだろうなと勝手に思い込んでいた恋愛っ気のない人が突然自身の恋愛の話とかしだすとさらっとカミングアウトされた衝撃と動揺を感じるし、恋愛しないんだろうなと勝手に思い込んでいた他人の恋愛の噂話とかされるとアウティングだと思うし。

正直この辺の折り合いは自分の中でもついていない。

マジョリティと同じような構造の偏見を私が持っているのはよくないというのは分かるけど、これをどうやって改善するのか、その偏見と果たして本当に同じものなのかそれとも違うのかなどなど、まだ冷静に考えきれない。

とまあそういうわけで、今日も突然アウティングされてびっくらこいたのよね。

この人恋愛するの…嘘でしょ…って人の恋愛の噂を聞いてさ、驚いた。私の見ている世界では恋愛しない人って沢山いるのに、他の人が見ている世界だと恋愛する人しかいないんだなって。

皆が「えー!その人、あの子が好きなのー!?」って言ってるところで私は「えー!その人、恋愛する人だったのー!?」って思ってたわけです。

そしてそこから「前にも何度も気付かされたけど、本当にこの世には恋愛する人間のほうが圧倒的に多いんだな…あんなに恋愛しなさそうな人でも恋愛するんだから私が恋愛しなさそうと思っている人皆きっと恋愛するんだろうな…そんな世界想像できない…意味わかんない…どういうことなの…」って思考が流れていって一人だけ難しい顔していた。

良くないのは知っている。知っているけど、素直になんの脚色も隠しもせず自分の感じたことを言葉にすると、「(私の想像の範疇を大幅に超えていて)意味がわからない…」になってしまう。

恋愛する人が圧倒的多数の世界がうまく把握できない。うまく理解できない。うまく信じられない。こんなにずっとこの世界で生きているのに。

まあ実際は私が恋愛関係のことが苦手だから恋愛関連の話する人とかとあんまり親しくならない傾向があることにはあるんだけれど。

私は早く世界を歪みなく認識したい。

私がAセクだと友だちにカミングアウトできたら楽なのになーと思うけど、実際問題ちゃんと尊重してくれる人ってほとんどいないと思う。いい子ばかりだしやってみないと分かんないけど、まあ彼らの専門分野じゃないからね、何言ってくるかわかんないよね。

でもやっぱり今日みたいに恋バナされて「恋愛するの!?」って思ったときに「恋愛するの!?」って言えず皆とは他の理由で驚いたということを隠しながら全く共感できないことをふむふむと興味ありげに動揺しながら聞いているのは精神にとって少し負担だと思う。

特に最近は言いたいことを言ってしまいがちなので、余計言いたいことを言えないのがつらい。

あとは溝を感じるし。

やっぱ言えないことが多いのって他人との溝が多いってことかなって最近思う。

隠し事するのも嘘つき続けるのも言葉を飲み込むのも全部ちょっとずつ小さな辛さが積み重なって大きな辛さになるんだよ。

ということでまあ、なんというか、私自身の世界の認識を修正したいっていうのと、人にオープンにしてしまって楽になりたいっていうのが目下の欲望です。
  • 20171006233013042.jpg
posted by ヤナ at 23:30| Comment(0) | セクシャルマイノリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする