2017年10月10日

私の美的感覚が世間のと合わない


化粧界隈と私の美意識が合わなくって化粧できない。

まず、アイシャドウのラメって変じゃない?

だって普通に生きてて瞼にラメなんてつかないじゃん。初めてまぶたにラメがついてるのを見たとき、「工作してたときに目を触っちゃったのかな?」と思ったもん。

変じゃん。

と思う。私は。良くわからない。不自然。

あと同じ理由で顔全体にラメがつくファンデーション?おしろい?も変だと思う。

前に友人がそういうのをつけていてひどくびっくりした。一応そういう商品が存在するということはもう知っていた頃だったから「本当にこういうものが存在してそれを愛好する人がいたのか…」と都市伝説を見た人のように感じた。

あとは、まつ毛が上がってるのも変だと思う。

だって普通に生きててまつ毛って上に上がらないでしょ???分からない、それが何故いいのか…

たしかに睫毛を上に上げることでデカ目効果とかあるのかもしれないけど、私は正面から見てまつ毛が急上昇している違和感に気を取られてしまって目のデカさとかを確認している場合じゃない。

とまあ他にも色々あるんだけど、そんなこんなで世間一般の化粧する人たちの美の常識と私の美の感覚が合わない。
から、友だちに教えてもらったメイクもどっかネットやら雑誌やらで見たメイクも気に食わないしキレイだと思えないので自分の顔にはできない。となると周りから手を抜いているとか思われちゃう。

世知辛えな。

多分これがTPOで化粧を変えなければならない社会の現象なんだろうな。

私のイメージだと、基準より濃いとか奇抜なメイクの人がTPOによって基準に合わせるイメージだったけど、今回の私の場合だと基準よりメイクをやらなかったり手数を踏まない人が基準まで増やすってかんじである。

不思議。つらい。

  • 20171010212146368.jpg
posted by ヤナ at 21:22| Comment(0) | 美醜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください