2017年09月08日

やるやる詐欺



やらなきゃいけないことが以前より出来なくなってる。クズなのか?クズなのか?

書類が終わらないーーーあーーー印鑑が見つからないーーーあーーー日記が3週間分溜まっているーーーあーーー

でも今日は2つ荷物受け取られたのでいいです!ほしいもの届いた!

あとね、うふふ、内緒だけどね、某アプリで稼いだお金がamazonギフト券として届いたので、今すぐにでもネットショッピングしたい!!!

でもだから、

書類がーーー!!!
印鑑がーーー!!!
日記がーーー!!!

これですね、私のサイクルはね。

正直私そういう障がいあるんじゃないかと思うぐらい。あのー、なんだっけ、思いついたことをそのときにしないと気が済まないというか、何か思いつくとそれまで考えてたこととかしてたことを忘れちゃうやつ。

あれかなって思うことがすごく多い。無くしものもすごいし。でも波があると思うわ、1日に5回ぐらい何かを探してうろついてる日もあれば何も探さない日もあるし。

単に不注意で怠慢な人間である可能性も高い。

とりあえず今から書類を終わらせる。いや、先に電話か?電話するの忘れそうだもんな、電話先にしよう。

ここで宣言することで忘れないという効果を期待する。

  • 20170908193832674.jpg
posted by ヤナ at 19:38| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

お部屋を掃除中♡


目下大掃除中です!
何故なら片付けが全くできない人間だから。

そもそも物が捨てられない。断捨離できればと何度思ったことか。できない。ゴミ袋とかダンボール箱にいっぱいいっぱい入ってるもの。

もうね、大学の授業のプリントとかも捨てられない。超溜まってる。どうしたら良いかわからない。教科書も捨てられない。

もちろん私はお金持ちじゃなくて貧しい層なので、家賃含めても年100万円未満で暮らしているので、家も小さいし部屋も小さいし収納スペースもされに準じて小さいので、こんなに物を持っているべきではないんだ…

しかし収納下手すぎてねー。捨てるもの捨てても収納アイデアが貧相すぎて全然スペースを生かせてない。殺してる。

あと物を何かの上に置きすぎ。そんで不精者だから面倒臭がってホコリとか拭かない。結果超埃積もってる。汚い。

というわけで絶賛大掃除中でございます。

しばらくしまっておいて存在を忘れていたうちに自分の中で価値をなくしたものをバンバンごみ箱に捨てております。それなりに分別もしております。

何が多いって、まあ紙ですよね。紙類がすごい。万年筆とかインクとか好きなのでそれの広告とか説明書とかパンフレットとか山ほど出てくる。心を鬼にして捨てる。

あーーーーiroshizukuの色見本がついてる広告捨てるの辛いよーーーーーきれいなのにーーーーー!!!!!


とりあえず今回の掃除の戦略は、

1.棚の上のものを下ろす
2.その中からいらないものを捨てる
3.いるものは水拭きする
4.それらが置いてあった棚を水拭きする
5.いるものだけ戻す、もしくは別の場所へ収納

です。

それなりに機能してるからすごい。

とりあえずこれで部屋の一角は今日中に片付きそうだ。明日は他の場所のものをどんどん捨ててゴミ捨て王に俺はなる!


  • 20170907183719245.jpg
posted by ヤナ at 18:37| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

書き途中の記事が重すぎる


なんか突然ブログに書こうと思ったことを書いてたら、いくつか書き途中のものができてしまって、というか続きを書き続けるには精神的に辛いのでしばらく待たなきゃって思ってたら昨日はブログ更新できなかった。

っていうのも一々テーマが重いんだよねえ。普段からずっと考えてたことを思い出してそれなら長文書けるなって思って書き始めるんだけど、ずっと考えてるから重いんだよね、内容がね。思考が何周もしてて「でもそれは」とか「つまりこれは」とかそういう自問自答とか横道逸れたりとかしまくりだし。

っていうことで近いうちに重い文章を投稿します。重いってのは文の量もね。内容はまあ差別とか人権とか貧富の差とかに関することかなあ。

まあ批判ですよね、いわゆるね。

お待ちください、なんとか産み落とすので。

  • 20170826170548861.jpg
posted by ヤナ at 07:06| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

社交的になりたい



社交的になりたい。

でも私人見知りなんですよね。留学によって若干緩和されたとはいえ、わりと人が怖い。自分から話しかけるのは本当に無理。話したいこともないし。

実際、自問自答が多いんですよね。色んなことを自己完結しちゃうタイプ。だから他人に話しかける必要がないわけです。自分で答えだしちゃうから。

あと他人を警戒しちゃうね。
前に友人からサプライズで誕生日を祝われたとき、レストランで突然店員さんに「ヤナさん…ですか?」って言われて「なんでコイツ私の名前知ってるんだ」って思ってすごい嫌そうな不審そうな顔してしまったことがある。そのときに初めて自分って警戒心強いんだなって思ったよね。

多分知らない人は皆敵と思ってる。他人は悪意の塊だと。私なんかに好意的に対応してくれるわけがないっていうのもあるかもね。

そういうわけで、私は社交的になりたいの。でも別に話したいことはない。自己完結するのやめたらいいのかな、でもどうやって?てかそんなにいくつもよく知らない人の話したいことなんてないじゃんね。

社交的な人はどうやって話題を見つけてるの?なんなの?

他人に興味が持てないのかもしれない、私…昔友達にも「ヤナって人自体には興味なくてその人がやったこととか考えたことに興味あるよね」って言われたし…

他人と何を話したらいいかわからない…思ってること話せばって言われても「話すことないなって思ってます」なんて言えないしな…他には何も考えてないし…話題見つかんないなとしか思ってないよ…

早く人間になりたい…

  • 20170819211812233.jpg
posted by ヤナ at 11:18| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

人との距離感が分からない



なんかさ、前から思ってたけど、他人との距離感をどう保っていいのか分からないのよね。多分自己肯定感と依存心のせいだと思うんだけれど。

なんで自己肯定感と依存心が原因かというと、自己肯定感がないから「私なんかとこの人は仲良くしたくないだろう」「私なんかに懐かれても嫌だろう」とか考えてしまって他人と親しくなろうというアクションを出せない。
でもこれって相手が仲良くしたい!って態度を見せてくれれば解決されそうな気がするじゃん?
そこで依存心さんの登場なんですけど、相手に親しくなりたい!ってされると、今度は「私は依存する癖があるから気をつけなきゃ」ってなるわけ。アダルトチルドレンだから依存心強くてさ、ちょっと仲良くなるとすーぐ依存しようとするのさ。で、私は自分でそれが分かってるので、親しくなってくると「この人に依存しちゃだめ」って思って依存しないように距離を取るのね。ってなるともう相手もなんか避けられてる?ってなって近づいてこなくなって自然消滅だよね。

負のサイクルかよ。

だから私はどうしたら良いかわからん、とりあえず自己肯定感を上げるか依存心を克服するかすればいいんだろうけどどうすればいいかわからん。

困るねえ、難しいねえ。

優しくなりたいなあ。

  • 20170818175310424.jpg
posted by ヤナ at 07:53| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

よりによって雨かよ



洗濯の予定が合わなくてどんどん服がなくなってもうマジで着るものないけど明日なら時間作れそう、よかった!明日洗おう!

と思って寝て起きたら土砂降りですよ。一日中止まなさそうな振り方してる。

そもそも朝から降ることってあんまりないから、もう起きた時点で降ってたら絶望ですよね。なんなの。運が悪すぎる。

それでも今日も出かけなきゃいけないし明日も出かけなきゃいけないし。どうしろって言うんだ。洗濯する用に積んであるところからマシなの引っ張り出すの?無理かよ、臭いし汚い…

どうしようかなあこれは…

  • 20170813094522468.jpg
posted by ヤナ at 23:45| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

何か有益なことがしたい



夏休みなので時間が有り余っている。
事情があってものを買えないのとバイトをできないのでやることがなさすぎてつらい。

何か有益なことがしたいが、何も思い浮かばない。Twitterではないことはたしか。

何かに応募するほどの才能もないしな。
お絵描き系もだめだ。

というか何もする気が起きない。何かしなきゃいけないのに。わりと飽き性だからなあ。お金もないしなあ。根性もないしなあ。

有益なこととかで探しても資格の勉強だとか投資だとか株だとかFXだとか読書だとか出てくるじゃん?
苦痛でしかないわ…楽しくてためになることがしたいんだよ私は…いやまあ私じゃない人には楽しいのかもしれないけどさ…

なんなら役に立たなくても私が楽しいことがしたいわ

って言ったときに自分が何を楽しいと感じるか分からない問題が発生するのよね。自分が何が楽しいのか分かんねー。前にも言ったけど負の感情のほうが正の感情より強いから嫌なことはわかっても好きなことはよく分からないのだ。困ったな。

とりあえずまた少しネットで探してみる、今の私の状況でできそうな楽しそうなこと。

  • 20170713190934152.jpg
posted by ヤナ at 09:09| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

オナラの音で目が覚める朝



前に書いたと思うんですけど、私今友達と住んでるんですよね。同じ部屋に。

となるとね、朝オナラの音で目が覚めるのやばいんですよ。おならの音ってもちろん友だちのおならじゃなくて私のオナラなんですけど。
何がヤバイって友達の前でオナラしてるのもそうだしその音で私が目覚めるなら友だちも目覚める可能性あるわけで。恥ずかしいし失礼だしだらしないし。

でもオナラって生理現象じゃない?
って思うけど、実際私オナラ溜まりやすい体質なんですよね、多分。食べてるときに空気飲んでるタイプだと思う。その空気がおならになって出たがってるかんじ。

あとは乳製品を摂取するとオナラ溜まりやすくなる。これは体質なのか皆こうなのか…

でも牛乳とか大好きなんですよね、毎日飲んじゃう。好きだから。小さい頃は1日に3杯ぐらい牛乳飲んでたけどおならが云々とかの問題なかったけどなあ。

…つーか一人暮らしの頃は問題だと思ったこと多分なかったから単純にどこでもオナラできる状況じゃなくなったのが問題なんだろうな。トイレでおならしても外に音聞こえてたら恥ずかしいし、早急に音の出ないオナラの仕方とかオナラがたまりにくい食べ物とか空気を食べない食事の仕方とか学ばなければならないのだと思う。

おならとかwwwってなってる人いるかもしれないけど私これでもう何回も腹痛になったり下痢したりお腹壊したりしてるからね。深刻な問題だから。オナラ我慢するの健康にも悪そう。腸閉塞とかにもなりそう。

  • 20170710185351690.jpg
posted by ヤナ at 08:54| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

蚊は私を愛しすぎてる



私蚊に刺されすぎ説。
1日に5箇所ぐらい刺される。

いや、Twitterで「足の菌が多いと蚊に刺されやすい」というの見たんで足を消毒してみたんですけど、別に普通に刺されるや。

つーかそもそも蚊に刺されるの足だけじゃねーし。顔も腕も腿も首もどこでも刺されるし。

大体、蚊に刺されたくないから体をシーツとかで隠して寝ても顔とか刺されるからね。今日も起きたら顔3ヶ所刺されとったわ死ね。

でも確かに足首とか足が一番刺される。その次に腕。その次に腿。
もう跡が残って取れないんですよね。

蚊にアレルギーあって、尋常じゃなく腫れるし(500円玉よりでかくなる)、2週間ぐらいずっとかゆいし腫れたままで治らないしで一番蚊に刺されるべき人種じゃないと思うんですけど、刺されるんですよね。腹立つ。


  • 20170708125345658.jpg
posted by ヤナ at 02:53| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

小説を読むのが苦手



私は日常的に本を読まない。

と言うと「えっ、めっちゃ本読むの好きそうなのにね!?」と言われるけど、つまり根暗に見えると言いたいんだろうなと思って聞いている。

本を読むのが苦手である。でも全く読まないわけではない。エッセーや学術書などは読む。ときどき。

エッセーはやはり著者とある程度感性が合わないと読んでも面白くないので、そのような著者を見つけるのが面倒であまり手を付けていない。
学術書は興味のある分野のものを読むが、いかんせん学術書なので読むのに時間がかかる。

したがってあまり本を読まない、ということになる。

本を読まないと言うとオススメの小説なんかを教えてくれちゃおうとする人たちもいるが、私は小説が読めない。
全然読めない。

というのも、「これ読んで何か得するの?」と思ってしまうからである。

小説には嘘を書ける。なぜならそれが許されるジャンルだからだ。
エッセーは著者の意見や物の見方、経験についてであるので著者にとっての事実である。著者はそう思った、そう経験した、ということであり、わざわざ疑いはしない。彼らにとっての事実であるから。
学術書には明らかに嘘は書けない。学術書だから。

でも小説には書ける。
魔法が使える〜だとかユニコーンは存在する〜だとか、なんでも書ける。し、その小説の中では事実として機能する。
そりゃあ私は魔法が〜ユニコーンが〜レベルのものを嘘だと(嘘というか事実でないというか)気づけずに思い込むということはないが、もっと細かい微妙な話になれば信じ込む自信がある。

たとえば私は歴史に疎いが、歴史小説なんかでオリジナルキャラがちょっと活躍しちゃったりしていたら多分歴史上にそういう人いたんだろうなと思いこむ可能性があるし、ちょっと歴史には存在しない要素(好物が云々とか風習が云々とか友人関係が云々とか人格が云々とか)が小説を盛り上げるためにぶっこまれていてもそれを小説を面白くするための調味料だと気づけずに素材の味だと思うだろう。

となると、私が嘘を吹聴するやばいやつになってしまう。
やばい。
もとから冗談もわからない方の人間だし、やばい。

となるとやっぱり学術書とかエッセーとか読んでたほうがいいなって。
あとはフィクション小説の場合は存在しないものを読んで一体何を得るのかがよくわからない。何を目的に読むんだろうか…
って今思ったけど、それって映画もドラマも漫画もアニメも変わんなくねー?ただ媒体が文字なだけか。納得。

でもまあ、私は確実に存在しているものを全面的に扱った本を読んだほうが一石二鳥じゃね?となるタイプである。

これを自称文学少女だった母に言うと「小説だって参考資料とかにたくさん本読んだり実際の場所に行ったりして書いてるんだからね!!!!」とヒステリーを起こされるが、私はが言っているのは事実を含んでいるかどうかでなく、

「事実と事実でないものが混ざっていると私はどれが事実でどれがそうでないか見分けられないので、だったら全部事実で構成されているものを読んだほうがいい」

ということである。


  • 20170702184433018.jpg
posted by ヤナ at 08:44| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする