2017年09月16日

Despacitoの歌詞のカタカナ表記が求められているようだね



グーグルサーチコンソール見てたらさ、検索ワードに「despacito 歌詞 カタカナ」ってのがあってさ。あー、こういうの求められてるんだなーって思ったから、とりあえず書いておくね。

たださ、スペイン語の発音って日本語話者からすれば簡単な方だけど、日本語にない発音がいくつかあるからさ。とりあえず、せめてrとlとrr(巻き舌)ぐらいは書き分けたいなって思うのよね。どうしようかなって思ったんだけど、とりあえずrを使うところは普通のカタカナで書いて、lを使うところは下線(_)を引いておくね。巻き舌はrをそのカタカナの前につけておく。

20170916121434525.jpg



アイ
フォンシ
ディーワイ

ディディディリ ダディ

ゴー

シー サベス ケ ジャ ジェボ ウン rラト ミランドテ
テンゴ ケ バイール コンティーゴ オイ
ディーワイ
ビ ケ トゥ ミラーダ ジャ エスターバ ジャマンドメ
ムエストラメ エ カミーノ ケ ジョ ボイ

トゥ トゥ エレス エ イマン イ ジョ ソイ エ メタ
メ ボイ アセルカンド イ ボイ アルマンド エ
コンペンサール セ アセラ エ

ジャ ジャ メ エスタ グスタンド マス デ ノルマ
 
トードス ミス センティードス バン ピディエンド マス
エスト アイ ケ トマール シン ニングン アプーロ

デスパシート
キエロ rレスピラール トゥ クエージョ デスパシート
デハ ケ テ ディーガ コッサス ア オイード
パラ ケ テ アクェルデス シ ノー エスタス コンミーゴ


デスパシート
キエロ デスヌダールテ ア ベッソス デスパシート
フィルモ エン ス パレーデス デ トゥ ベリント
イ アセール デ トゥ クエルポ トード ウン マヌスクリート

スベ スベ
スベ スベ スベ

キエロ ベール バイール トゥ ペ
キエロ セール トゥ rリトゥモ
エンセーニェス ア ミ ボカ
トゥス ガーレス ファボリートス

ファボリート ファボリート ベイベ

デハメ ソブレパサール トゥス ソーナス デ ペグロ
アスタ プロボカール トゥス グリートス
イ ケ オビーデス トゥ アペジード

シー テ ピド ウン ベッソ ベン ダメ
ジョ セ ケ エスタス ペンサンド
ジェボ ティエンポ インテンタンド
マミ エスト エス タンド イ ダンド
サーベス ケ トゥ コラソン コンミーゴ テ アッセ ボン ボン
サーベス ケ エスタ ベバ エスタ ブスカンド デ ミ ボン ボン
ベン プルエバ デ ミ ボカ パラ ベール コモ テ サーベ
キエロ キエロ キエロ ベール クアント アモール ア ティ テ カーベ
ジョ ノ テンゴ プリッサ ジョ メ キエロ ダール エ ビアッヘ
エンペサモス ント、デスプエス サバッヘ

パシート ア パシート、スアベ スアベシート
ノス バーモス ペガンド、ポキート ア ポキート
クアンド トゥ メ ベッサス コン エッサ デストレッサ
ベオ ケ エレス マシア コン デカデッサ
 
パシート ア パシート、スアベ スアベシート
ノス バーモス ペガンド、ポキート ア ポキート
イ エス ケ エッサ ベジェッサ エス ウン rロンペカベッサ
ペロ パ モンタール アキ テンゴ ピエッサ
オジェ

デスパシート
キエロ rレスピラール トゥ クエージョ デスパシート
デハ ケ テ ディーガ コッサス アル オイード
パラ ケ テ アクェルデス シ ノー エスタス コンミーゴ

デスパシート
キエロ デスヌダールテ ア ベッソス デスパシート
フィルモ エン ラス パレーデス デ トゥ ラベリント
イ アセール デ トゥ クエルポ トード ウン マヌスクリート

スベ スベ
スベ スベ スベ

キエロ ベール バイラール トゥ ペロ
キエロ セール トゥ rリトゥモ
ケ レ エンセーニェス ア ミ ボカ
トゥス ルガーレス ファボリートス

ファボリート ファボリート ベイベ

デハメ ソブレパサール トゥス ソーナス デ ペリグロ
アスタ プロボカール トゥス グリートス
イ ケ オルビーデス トゥ アペジード

デスパシート
バーモス ア アセール エン ウナ プラジャ エン プエルト rリコ
アスタ ケ ス オス グリーテン アイ ベンディート
パラ ケ ミ セジョ セ ケデ コンティーゴ

パシート ア パシート、スアベ スアベシート
ノス バーモス ペガンド、ポキート ア ポキート
ケ レ エンセーニェス ア ミ ボカ
トゥス ルガーレス ファボリートス

ファボリート ファボリート ベイベ

パシート ア パシート、スアベ スアベシート
ノス バーモス ペガンド、ポキート ア ポキート
アスタ プロボカール トゥス グリートス
イ ケ オルビーデス トゥ アペジード
デスパシート
posted by ヤナ at 12:14| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

スペイン語のニュアンス:ほっといてくれ=Déjame en paz?


ニュアンスの話というか、視点の話というか、そういう話をしようと思って。

スペイン語で「放っておいてくれ」とか「一人にしてくれ」とか言うときに、

¡Déjame en paz!

って言うのよね。

で、これが直訳すると「私を平和の中に置いておいて!」みたいな感じで。

でもこれの文字通りから感じるニュアンスって、「お前は私を平和な場所から引きずり出す」って前提じゃない?お前こそが異分子だと。お前が私の平和を乱すのだと。

一方で日本語の「放っておいてくれ」は「捨ておいてくれ」って感じではって。一緒の場所にいたけど私はここから動かないから構わず先行ってて的な。俺ここに残るから的な。

いずれにせよ俺に関わるなって感じなんだけど、スペイン語の方が関わってくる相手が悪いって感じが強いかなーって。お前が関わってくるから平和じゃないっていう。

来るものを拒むのと去ることを促すのと。

でもまあDejar en pazはいい意味としても使える言い回しで、例えば宿題をやっている友達をたまたま見つけて少し喋ったあとに相手がまた宿題に戻れるように

Ya te dejo en paz.
(そろそろ邪魔するのやめるね。)←意訳

って言ったり。邪魔してごめんね的な挨拶かな。


  • 20170819123127381.jpg
posted by ヤナ at 02:31| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

スペイン語版のある好きなシリーズ:oso, polar y panda



最近スペイン語バージョンがある好きなアニメシリーズができまして。子供向けなんですけど可愛いし面白いしで好きなんですよね。

スペイン語だとoso, polar y pandaって言うんです。

英語だとgrizzly, polar and pandaとかじゃないですかね。

日本語だとクマ、シロクマ、パンダみたいな感じかな。

私はpolarが好き…シロクマさん…
前にしろくまカフェのアニメ見ててその時のしろくまさんも好きだったけどこのシロクマさんも好きだよ、違うしろくまだけど。

なんかね、まず家事全般が完璧でね。一家に一台ほしいよね。それから喋り方が機械的でさ、三人称で喋るんだよね。スペイン語だと。日本語にすると「シロクマはお腹が空いた」とか「シロクマは興味がないようだ」みたいなことを自分で言うの。

あとなんかすごいなんでもできる感がある。運がいい的な面もある。所謂不思議ちゃん。好き。

オススメです。かわいいよ。


  • 20170816234414937.jpg
posted by ヤナ at 13:46| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

お気に入りスペイン語:スペイン語版Happy birthday to you?


スペイン語圏出身の友人の誕生日会に行ってきたんですけどね。

日本とかでもよく歌う、誕生日を祝う歌。ハッピーバースデートゥーユーの歌。あれね、スペイン語版もあるんですよ。歌ったんです。

cumpleaños feliz
cumpleaños feliz
cumpleaños a 名前
cumpleaños feliz

(happy birthday
happy birthday
birthday 名前
happy birthday)

って感じで。地域によって若干歌詞違うみたいだけどね。まあこれうろ覚えなんですけど。

で、これは本題じゃないんです。

その誕生日会で、友人が話してくれた冗談があって、それを皆さんに紹介したいなって。

「昔よく弟の誕生日にこう歌ったもんだよ」って、上記の曲に合わせてこう歌ったんです。


Feliz cumpleaños a tí
Los regalos pa' mí

(ハッピーバースデーをあなたに
プレゼントは私に)


たしかに兄弟はそういうことやってふざけてそう(笑)

いくつになっても楽しそうでいいなあって思いましたとさ。まる。
  • 20170809172248019.jpg
posted by ヤナ at 07:23| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

Despacitoが世界的に流行してるらしいけど歌詞の和訳やばいからね???




今スペイン語のレゲトン、Despacitoが世界的に言語の壁を超えて流行ってるらしいですね。そういえば女の子がどんな時でも曲が流れるとそれに合わせて踊るという動画がtwitterでも流行ってましたね。私もその曲好きですけど。ただね、基本的にレゲトンの歌詞はいっつもセクシャルだよね。エロです、エロ。これ本当に外国語じゃなかったら声に出して読めないよ。

私レゲトン好きで、いくつか聞きますけど、Despacitoの歌詞の過激さはなんかすごい。レゲトンの中でも上位にある。

ということでその歌詞の過激さを理解してもらうべくここに私がスペイン語から翻訳して和訳を載せようと思います。過激です。

******

ねえ、もうしばらく僕が君のこと見つめてるって知ってる?
今日は君と踊らないとね (※基本的に「踊る」は「SEXする」の比喩です。)
君の視線がもう僕のことを呼んでいるのを見たよ
僕が行く道を教えて

君、君は磁石で僕は金属だ
近寄りながらプランを練るよ
ただ考えるだけで脈が速くなる

もう、もう普通以上に好きになってきてる
僕の全ての感覚が「もっと」って求めてる
これは全く慌てるべきじゃないね

ゆっくりと
君の首元でゆっくり息をしたい
耳元で君に囁かせて
僕といないときに君がそれを思い出すように

ゆっくりと
ゆっくりといくつもキスをしながら君を裸にしたい
君の迷宮の壁にサインをするよ
そして君の体全てから原稿を作る

君の髪が踊るのを見たい
君のリズムになりたい
僕の口に君のイイところを教えてよ

君のイケナイところに先走るのを許して
君が叫びだすまで
君が自分の名字を忘れるまで

僕が君にキスを頼んだらキスしに来てよ
君がソレのこと考えているって僕は知ってるよ
僕はソレをしようとしてたよ

ママ、これはキてる、キてるよ
僕と一緒にいるとき君の心臓がボンボンしてるって知ってる?
ベイビー、君が僕のことさがしてるって気づいてる?ボンボン
どんな味がするか確かめるために僕の口を味見しに来てよ
どれだけの愛が君に収まるか見たい、見たい、見たい
僕は急いでないよ、自分をトリップさせてやりたいのさ
ゆっくりと初めて、その後獣のように
一歩ずつ、やさしく
くっついていこう、ちょっとずつ
君が僕に上手に口づけをするとき
君が繊細な小悪魔だって分かるよ

一歩ずつ、やさしく
くっついていこう、ちょっとずつ
その美しさはパズルだから
でもそれを完成させるためにここに僕はそのピースを持ってる

ゆっくりと
君の首元でゆっくり息をしたい
耳元で君に囁かせて
僕といないときに君がそれを思い出すように

ゆっくりと
ゆっくりといくつもキスをしながら君を裸にしたい
君の迷宮の壁にサインをするよ
そして君の体全てから原稿を作る

君の髪が踊るのを見たい
君のリズムになりたい
僕の口に君のイイところを教えてよ

君のイケナイところに先走るのを許して
君が叫びだすまで
君が自分の名字を忘れるまで

ゆっくりと
プエルトリコの砂浜でシようよ
波が叫ぶまで ああ、幸福だ
僕の印が君に残るように

一歩ずつ、やさしく
くっついていこう、少しずつ
僕の口に君のイイところを教えてよ

一歩ずつ、やさしく
くっついていこう、少しずつ
君が叫びだすまで
君が自分の名字を忘れるまで
ゆっくりと

******

やばくない??????????
含みがめっちゃ性的よね。比喩が性的。他のレゲトン?でもなんかやばい歌詞なんですよこれが。子供に聞かせたくねえ~~~けどまあ聞いてるよね、現地の子なんかはね。全然聞いてるし歌ってるし踊ってるよ、はは。

posted by ヤナ at 07:14| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

ややこしいスペイン語「どこから来たの?」¿De dónde vienes?



スペイン語で出身を聞くときに、¿De dónde eres?という聞き方があるんですが、他にも¿De dónde vienes?という聞き方もあるんですね。前者は「どこの人?」て後者は「どこから来たの?」って感じかな。私の留学先では後者のほうが多かった。

で、この¿De dónde vienes?のややこしいところは、出身を聞くときだけじゃなく、単純に今どこから来たのかって聞くときにも使うという点。

私が留学中に海外旅行に行ったときにあったのが、空港で係の人に¿De dónde vienes?と聞かれていつもの癖で「日本から」と言ったら「は???日本からの飛行機来てないけど???」って顔をされて急いで「【留学先の国】から」と訂正。

そこから100mぐらい離れたところで空港の別の係の人に¿De dónde vienes?と聞かれ、さっき「日本から」と言ったら変な顔されたので「【留学先の国】から」と言ったら「えっ!?!?でも君アジア人じゃん!?!?!?」と言われて「私は日本人だけど今【留学先の国】から来たんだよ〜」と訂正する羽目になりました。あっちもなるほどね〜と笑っていた。

ややこしいよな〜なんだこの言語〜。
  • 20170804164303539.jpg
posted by ヤナ at 06:43| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

お気に入りスペイン語:「人間はカメにウンコをしている」Ser humano está cagando a las tortugas



これは留学先で聞いたフレーズなんですけど。直訳したから分かりづらいよねー、うん…

文脈をお伝えしますと、
その場所はウミガメの保全に力を入れている場所で、村にいろんなモニュメントがあるんですね。カメ関係の。そのうちの一つに背景が海で泳いでいるカメでその前に偽物の洋式便器があるっていうものだったんです。

私なんか「トイレの再利用かな???」と思ってたんですけど、ある時ある人が教えてくれたのが、このモニュメントには意味があるんだと。

それが、



「人間はカメにウンコをしている。」
Ser humano está cagando a las tortugas.


いや最初こう言われて????となりましたよね。物理的に実際にウミガメにうんこしてるのを想像してしまったから。

でもちょっと考えてわかりました。

「ウンコをする」=「汚染する」の比喩だと。

つまり意訳すると、

「人間はウミガメの住む環境を汚染している」

ということのようです。
実際に「あー、la contaminación (汚染)だよね?」と言ったら「exacto!(その通り!)」と言われました。

いやあ、まさかそんな批判的な意味があのモニュメントに込められているとは…トイレの再利用とか言ってごめん…

個人的にcagar(ウンコをする)という動詞の存在が面白いなあ、と思っています。日本語の「排便する」とかにはない独自の使い方があってねー。それこそ「台無しにする」とか「嫌な思いをさせる」とかそんな感じの意味が。汚い表現だけど、まあそれだけ強い感情を表すんでしょう。

  • 20170731082929859.jpg
posted by ヤナ at 22:29| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

お気に入りスペイン語:お義母さんジョーク(chiste)


こんなスペイン語のジョークを見つけたので共有します。

***

¿Sabes cuál es la diferencia entre una suegra y una foca?

Fácil, una es gorda, tiene bigotes y hace ruidos extraños con la boca, y la otra vive en el mar...


姑とアザラシの違い知ってる?

簡単だよ、片方は太っててヒゲが生えてて口で変な音をさせる。もう片方は海に住んでる。


***

野暮だけどちょっと解説すると、
太ってる、ヒゲ、口からの変な音というアザラシの特徴を挙げていると見せかけて、それはお義母さんの特徴というオチ。

どうも私の留学先の国でも姑は面倒で迷惑であまり関わりたくないみたいなステレオタイプがあるらしく、一度知り合いに「(一般的に姑は嫌な奴って思われがちだけど)私は彼氏のお母さんとすごく仲がいいの!」と自慢されたことがある。

他の姑ジョークでも「ヒゲが生えてる」という特徴が度々出てくるので、そういう偏見があるんだろうね、面白い。
ヒゲ=男らしさらしいので、お義母さんっょぃ勝てない…名誉男性か…っていうことなのかもしれない。
あと婿VS姑って構図が結構ある。

  • 20170720145630358.jpg
posted by ヤナ at 04:56| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

お気に入りスペイン語: 冗談(chiste)



お気に入りのスペイン語、また見つけました。第二弾ですね。

前回は尖った日常でも使えそうなセリフでしたが、今回は冗談のようなものです。長いので記事タイトルに入れませんでした。

私が留学した場所では皆いつでも冗談(chiste)を言っていて、真面目な話のときでも相手がスペイン語のたどたどしい(私のような)人でも、よくもまあそこまで思いつくもんだなーと。

で、私が今回見つけた冗談は、こんな文脈ででした。

YouTubeである映像を見ていたとき。
タクシーの後ろ窓にこう書いてありました。


Hoy salí con Dios. Si no regreso, me fui con él.
(今日私は神様と一緒に家を出ました。もし私が帰らなかったら、彼と一緒に行ってしまったということです。)


こんなこと書いているタクシーの後ろを走っていたら気をつけて運転しなきゃと改めて気付かされますよね。

正直、私のいた地域では結構後ろに何か自由に文を書いているタクシーは多かったです。「あんまり近づかないで(車間距離詰めないで)」とか。おもしろげなのもありました、覚えてないけど。

  • 20170706175702112.jpg
posted by ヤナ at 07:57| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

お気に入りスペイン語「なんの役にも立たない」No sirve para nada



先日お気に入りのスペイン語のセリフに出会いました。


No sirve para nada.
(なんの役にも立たない。)


ある活動に関して不満があり、どこの誰に文句を言ったらいいか、という話をしていた際に、「あのディレクターはなんの役にも立たない!」と。


詳しく文法説明しましょうかね、暇だし。

No 動詞の否定
sirve 「役に立つ」というニュアンスの動詞
para 〜のために
nada 何も。英語でいうところのnothing。


スペイン語は英語と違って、後ろにナイ系の単語(英語で言うところのnothingとかno 名詞とか)が来る場合でも動詞の否定はしなきゃいけないんですよねー。
ナイ系の単語が前に来ると否定しなくていいんですけどね。

There is no one.
No hay nadie.
(No 動詞の否定、hay ある、いるという動詞、nadie 誰もという名詞)

No one is here.
(こういう英語あるのかな?)
Nadie está aquí.
(Nadie 誰もという名詞、está ある、いるという動詞、aquí ここに)

みたいなね。


ここは個人的に最初難しかった。
英語を先に学んでたのでね。


しかし私はスペイン語好きだなあ、なんか好きだ、よく分からないけど。
多分できるから好きなんだろうなー。

いや、違うか。できても好きじゃないものもたくさんあるしあったもんね、数学とか物理とか。懐かし。



  • 20170630112942930.jpg
posted by ヤナ at 01:29| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする