2018年06月11日

JINSで眼鏡を修理してもらった!優しい!


こんにちは!先日眼鏡を踏み壊したヤナです!壊したっていうか曲げただけなんですけどね!

寝起きにメガネを探してたら踏んだんですよ。目が見えないんだからしょうがないですね、誰しも眼鏡使用者には起こりうることです。床に置いておいたのが悪いなんてことはないです。でもちょっと眼鏡2つ常備したほうがいいのかなと思った...検討します。
結果的に柄の部分がかなり曲がってしまって、このままつけ続けることは目の健康上(視力とか)不可能だと思い、JINSに新しい眼鏡を買いに行きました。

そもそも私が足で全力でへし曲げたその眼鏡自体もJINSで買ったものだったので、あわよくばフレームだけ交換してもらってレンズはそのまま使いまわすことでちょっと安くならないかな~なんて思っていました。どっかのブログにもそういうことができるって書いてあったし。公式ホームページだったかもだけど。まあ保証書なんてとっくに失くしていて持ってないわけですが。わはは。

とりあえず、受付で「以前こちらで購入させていただいた眼鏡なのですが、柄が曲がってしまったのでフレームだけ交換することってできますでしょうか?」という話をしたところ、「このフレームはもう生産終了してしまっていて在庫もないのでフレームだけの交換というのはできない」と言われてしまって...

というかこの店員さん私の眼鏡のフレーム見ただけで「JINSの眼鏡だ」って分かるのすごいし、なんなら「廃盤の型だ」って分かるのすごくない?社員さんだったのかなもしかして。

で、じゃあもう全部丸々買い直すしかないのか~と思ったら、「柄の曲がりだけの修理でしたらできますよ」とのこと。店員さん最高!!!
お言葉に甘えてお願いしたところ、10分、いや5分も経ってなかったかもしれないぐらいすぐに修理して持ってきてくれました。

しかもお代は0円!タダで修理してくれた!保証書もないのに!本当にそこの店舗で買ったかもわからないのに!(まあフレームがJINSのだって分かればどこの店舗で買ったかとかいつ買ったかとか関係ないんでしょうけど)
下世話なケチ野郎なのでその日一番の笑顔をそこで発揮してしまいました。年100万以下で暮らしてるのでそれぐらい許してよ。眼鏡って高いし。

JINSの方針なのかそこの店舗の方針なのかその店員さんの粋な計らいなのかは分かりませんが、次買うならあそこの店舗で買おうと思いました。ありがとう店員さん。


ちなみにいうとこれはステマとかではなく、素敵な対応をしてもらったので間接的に褒めてイメージアップに貢献することで恩返しをするための記事です。私こういうことしがちなので疑わないでほしい。他の褒めてる記事もだいたいそう。

refreshment-438399_1280.jpg


メガネスタンド ミニ 犬張子 福助 招き猫 メガネスタンド スタンド 眼鏡 メガネ メガネ置き SR-2011【ST-37】02P03Dec16【限定クーポン発行中】



メガネスタンド(ひげ)〔メガネ愛用者へのギフトに最適〕 眼鏡スタンド めがねスタンド 眼鏡ホルダー 木製 眼鏡置き インテリア インテリア雑貨 雑貨 メガネ立て 眼鏡立て 北欧 収納


posted by ヤナ at 15:45| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

卒論の謝辞でふざけたこと書きたくない???


最近やっと卒論に着手したヤナです。
最近やっと着手したので最近やっと本物の卒論を読んだんですが、謝辞とか本当にあるんですね!外国で謝辞の部分で彼女にプロポーズした人がいるって噂は聞いてたけど日本語の卒論にも謝辞があるとは…

ちなみに私の名誉のために言っておくと論文にあるのは知ってた。論文は読んでるよ私は。卒論を読んでないだけよ。

さて、謝辞だけど、多分あんまり長いこと書いちゃだめなんだろうと思う。文字数カウントされそうだし。


でもせっかくだから形式張ったお礼じゃなくてインパクトの強い謝辞を書きたくない???


謝辞だから失礼なことはしない。ってなるともう面白いことするしかないでしょ。
ウィットに富んだ感じでもいい。というかウィットに富んだ感じがいい。

だって縦読みとかやるわけにいかないじゃん…

え〜今まで私の卒論を作るのに影響を与えたチップスやキーワードをくれた教授たち全員に向けて(まとめて)お礼書きたいし、なんなら卒業した友人とか在学中の友人とか就活中の友人とかに質問しまくって愚痴聞いてもらったりアドバイス貰ったり駄弁ったりしてるから彼らにもお礼言いたいよね。

でもそれを短くでしょ…?ウィットに富んで…?アメリカンジョーク的な???

いや私はアメリカンジョーク言うの得意じゃないけど…ラテンアメリカンジョーク…?


まあまだ卒論一文字も書き始めてないですけどねー


書き終わってから考えることだなこれは。
面白いやつ思いつきますように!



20180531182349713.jpg




posted by ヤナ at 18:24| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

違和感は正しい



今日高校時代の友人と会ったんですが、そこで「違和感は正しいんだな」と確信したので、愚痴を吐きながら語らせてほしい。愚痴です。うん。


その友人とは数年前にネット上で喧嘩別れをし、それ以来全く交流がなかった。それが先日他の友人経由で連絡が来て、結果的に会うことになった。

断ろうとすれば断れたのだが、喧嘩別れをするまで凄く親しくしていたので、時間も経ちほとぼりも冷めたところだし"あの喧嘩は全てのタイミングが悪かっただけなのかも"、"まあ会いたいわけじゃないけど会ってもいいかな"という気持ちになったのだ。

しかし、そもそも、私はその喧嘩でもその喧嘩の前にも友人の「意見の対立する他人への反論に人格否定を混ぜる攻撃性」に違和感を持っていた。

なんというか、過激な言い回し、2ちゃんねるのような口調で罵倒してくるのだ。違和感を感じるのはネットでのやりとりだけだったし、私も友人もニコ動や2chにそれなりに触れている人間だったので「2chのノリを私に使っても大丈夫だと思っているんだろうな」と思っていたが、嫌なものは嫌だし不快なものは不快だ。

私は意見が違うなら建設的にお互いの意見を交換したかったし、「お前が間違っていて俺が正しいんだ」という潰し合いではなく「私が言っているのはこういうことです」「そうですか、私はこう思います」を求めていた。

しかし友人は「俺が正しい、お前は頭がおかしい、お前みたいなやつは価値がないし話したくもない、お前みたいなやつがいるからこの世はクソだし日本は悪くなるしお前のせいで俺みたいな正しいやつが損をするんだよ糞が滅びろ」というような態度だったし、実際にそう(文字で)言ってきた。

基本的に、このようなスタンスの違いがある以上何を話しても会話にならない。まあ会話をするつもりがないからこういう罵倒をできるんだろうが。

このような態度は連絡を絶つ原因になった喧嘩以前にもネット上では時々あったのだが、高校生特有の自尊心を守るためや自分は偉いんだと誇示したい思い等によるものだと思っていた。ので、腹は立ったが絶縁するほどではなかった。

しかし高校を卒業してもその調子は変わらなかった。むしろ、余計質が悪くなった。

それまでは個人のブログやメールなど、リアルの知り合いがほぼいない空間での人格否定を含む反論だったが、喧嘩別れの際には私のいわゆる"リア垢"に皆に見える形で喧嘩を売って罵ってきたのだ。(そしてもっと言うなら、友人はその際に裏垢を使っていた。)


私は本当にありえないと思ったし、だからこそ連絡を絶った。


具体的に何をありえないと思ったかと言うと、
・いい歳しても建設的な意見交換ができない
・反論と人格否定・罵倒の区別がつかない
・人格否定や罵倒を他人にしていいと思っている
・私が反撃しにくいような状況の中で自分の都合のいいように攻撃する

…こうやって並べてみると、話し合いではなく【相手を負かすこと】を目的にしていたのかな、あの子は。


まあいずれにせよ、その時は
「もうこいつとは一生話さねえ、よく考えれば前からこいつこうだったしさっさと切ればよかった」
と思った。


しかしなんで今回そのことを忘れた、私よ!!!

まあ私が思うにこの「失敗したことを何度も繰り返す」行為はACだか愛着障害だかの一種の特性というか特徴というかだった気がするので、それだと思う。
試しちゃったんだろうね。


(長くなってきてしまったのだけど、最近あんまり更新してないし長い記事も書いてないので勘弁してね。)


そんなわけで、今回会った。
タイトルでわかると思うけど、「違和感は正しかった」。


働きだした今も、やはりその友人は意見の違う人間を潰しにかかる人間だった。


ただ、私も喧嘩をした時よりは大人になったし、なんせ愛着障害や毒親、ACの概念を手に入れ、昔よりずっと精神的に健康になったので、友人がなぜそのような人間であるのかがなんとなく読み取れた。


友人も毒親持ちのACだったのだ。
(この話は長くなるので別記事でしようと思う。)


友人は、つまるところ、自尊心が低いからこそプライドが高く、自分のことを認めて欲しがっている。


自尊心が低いからこそ皆に"君は正しい"と認めて欲しい。

正しい自分と同意見でない人間は間違っており、自分より劣っている。

その劣った人間より自分が上であることをその人間に(もしくは皆に)認めてほしい。


したがって、この流れがうまくいかないと「自分が正しくて相手が間違っている」「相手は劣っており私のほうが上だ」とどんな手を使ってでも相手が認めるまで主張し続ける。


(という風に私は分析した。)


そういうわけで、友人と喧嘩後数年ぶりに再開して、やはりこの人とは縁を切ろうと思った。

大学に入り「多様性万歳!」という友人たちに囲まれ、「自分は受け入れられる」という漠然とした肯定感の中過ごした私は、この子どものような友人に「俺はお前より優れていて上の人間だ」というマウンティングを混ぜられながら話をされるのは耐えられなくなったのだと痛感したし、舐められたらまた攻撃されて辛い思いをすると緊張しながら付き合うような人間は私の人生にいらないなと思った。


しかし、違和感というのは正しい。

もっと私は自分のことを信じていこうと思う。
  • 20180512193927086.jpg
posted by ヤナ at 21:00| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

他人と暮らすのはやはり無理だ



いや、正直ね、親と暮らすのが無理だから他の人と暮らすこと自体が無理なんじゃない?って思ってた節はあるよ。

でもさ、やっぱ親と暮らすの無理なのはあいつらが毒親だからであって、それによって他人と暮らすこと自体が無理かどうかはまだ分からんじゃん?

って思って留学行ったらホームステイ先の人がクソ野郎だったから「いやこれはやっぱ私が他人と暮らすのに向いてないんだ」って思ったさ。

でもその後留学先の恩師の家に居候させてもらってさ。このことは前に記事にしたから詳しくは言わないけど。でもそこではあまりストレスなく過ごすことができたからさあ。やっぱ相手によるのかなって思ったの。

で、今回さ。

親しくもない友人と泊まり込みでバイトしてるじゃん?

無理すぎ。

いや、友人と実際部屋にいても大して話さないよ。〜していい?とか〜するねとか今日疲れた〜とか寒いね〜とかぐらいしか話さないよ。

それでもつらい。仕事場同じだし。普通にもう当分顔見たくないって思うし、ちゃんと理由があって親しくなってなかったんだなって思ったし、バイト期間が終わったら大学ではもう避けようと思うぐらい無理。

相手が悪かった可能性はあるよ正直。タイプ違いすぎるもの。しんどい。

やっぱさあ、他人が同じ空間にいるってだけで心が休まらないよねー。つらいよー。

あと数日だからがんばる…ちゃんとブログ更新する…


  • 20171119191427917.jpg



posted by ヤナ at 19:14| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

友達が怖い



先日行ったとおり、特に仲良くもない友人と泊りがけのバイトに来ているんですが、その友人がめっちゃ怖いということが分かりました。

地元民のとっても良くしてくれて友人ととても仲良さそうにじゃれ合っているバイト先の人に遊びに連れて行ってもらった帰りにコンビニに行こうとしていて、そのバイト先の人が彼女と連絡を取っていたんですよ。

友人が「彼女?会いたい!」と言ったところ、バイト先の人が「じゃあ今からコンビニに一緒に行くか聞きましょうか?」と言うので友人が「えっ!会いたい!」「私は全然構わないよ」と言ったので、実際にその子と合流。

多少の談笑をした後お開きになったんですよ。

で、その後友人と二人きりになったんですが、その友人、なんて言ったと思います?

「あの子(バイト先の人の彼女)なんで来たの?私、顔チェックしたかっただけなんだけど」
「友達の恋人が来るのはいいけど今回のは無理」

……怖くない???

まずあんなに仲良さそうにしてたし同い年なのに友だちという認識じゃなかったことも怖いし、自分が「見たい!」とか「(呼んでも)全然いいよ」って積極的に言ってたのに本当は来られるのが嫌だったのも怖いし、バイト先の人の彼女の顔をチェックしたいっていうのも怖い。

あとそこから予測できるのは、私多分心の中でめっちゃ嫌われてる…

なぜならめっちゃ仕事できないから…

そして友人はめっちゃ仕事できるから…

仕事できるし愛想もいいし社交的だし最強なんですよね。

でもその子に裏がある怖さ…

実際もう何回も心の中で見下されてるような言い方をされ(ている気がし)たのだよ。私のメンタルの不調さのせいだけじゃないと思う。

でもまあそういうことで、友人が怖いなってさ。


  • 20171112224028594.jpg
posted by ヤナ at 22:40| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

身体症状としての空腹と欲望を伴う空腹は違う


体がお腹が空いている状態と心でお腹が空いたと思っている状態は両方「お腹が空いた」だけど違うものだよね。って話をしたい。

私は昔、特に中学生ぐらいの頃、拒食症気味だったので、この両者の違いはとても良くわかる。

体がお腹が空いたとお腹を鳴らしていることが直接イコールで「食べたい」という欲求(つまり食欲)に結びついてはいないよね。って。

ほら、ストレスとか溜まるとお腹空いてないのに暴飲暴食したくなるじゃないですか。それの逆版が私にとっては日常なので。いやストレスによるドカ食いもよくやるけど。いや、最近は少ないか。よいことよいこと。

お腹は鳴ってるけど食欲がないので食べたくない/食べないということがとても頻繁にある。

そう考えると私あんまり「お腹が空いて食べたいから食べる」ということはないかもしれない。お腹が鳴ってるから別に食べたくないけどしょうがなく食べるとか、お腹空いてないけど何かを食べたいから食べるとかが多い。

で、この世には二種類の人間がいます。身体の空腹感と食欲の空腹感が連動しない(ことがある)ということが理解できる人間とそうでない人間です。

私にとってそれらが連動しないことは日常であり通常なので、時々周りに「お腹空いたけど食べたくない…」などと漏らすことがあるんですが、まあそこで「何それ!?」と言われて説明したときに「わかる」と言う人と「なんじゃそりゃ」で終わる人がいるんですよね、当たり前だけど。

多分今までその話を周囲の4、5人にして実感として理解してくれたのが2人ぐらいだったと思う。

私の推測だと多分この話を理解してくれる人はあんまり食に興味がないタイプの人なんじゃないかなーと。まあ観測範囲は超狭いんですが。

わりと「なんで1日3回もご飯食べなきゃいけないの?」「はやく1錠で一日分の栄養が摂れる錠剤が発売されてほしい」「お腹さえ空かなければ別に点滴でいい」「飯を食ってる時間が無駄」とか言ってる人たち。私も含めて。

でもなんだかんだで私は最近ご飯食べるの楽しいよ。誰かと一緒に食べるのも一緒に作るのも色んなことお話したり料理の技術を学べたり普段自然と避けてやらないことをやったり一人じゃやる気にならないことができて楽しい。一人でご飯食べるのも、料理があんなに下手っぴだった私が文明の利器(インスタント、インターネット上のレシピなど)を使ってまともなご飯を作れたり適当に創造した料理が普通に食べれるレベルのものに仕上がるようになって成長を感じたりできるので楽しい。

まあ確かに「食べること」それ自体に楽しさを見出しているわけでなくそれに付随する部分に楽しさを感じられるようになったという感じだけれど。

元々食べるという行為を「生命維持のために必須の行動」としか捉えていなかったので食べたくなくても無理に詰め込んでいたけれど、今はそれを楽しむ方法を見つけられたし、食べることを自分の機嫌を取るための方法として使っていいんだと思えるようになってきたので、良いと思う。

これのおかげで生きるのが楽になったかもな。

やっぱ1日に3回もやらなきゃいけないことだからさ。

以前は食べるのが嫌すぎて「今日は家から出ないから1食でいいだろう」「他のことに時間を使いたいから1食でいいだろう」「カロリーさえ摂ってればとりあえず死にはしないだろう」とか言い訳して1日3食摂らないのもシリアル、パン、お菓子みたいな食事の1日を過ごすのも普通だったので。

まあ最近も1日2食とかしてしまうけど、それは起きるのが遅いからだから別の問題かな。やっぱ10時とかに起きるとブランチにしてしまうよね。

でも夜ご飯はちゃんと食べるし、前よりはずっといいと思うんだ。ストレスによる間食もずっとずっと減ったし。健康的だと思う。

それに前は全く飯テロの類が効かない人間だったのね、私。食欲なさ過ぎて。お腹が空いてても食欲ないと飯テロって効かないよね。多分。見てもなんともなかった。みんなが飯テロやめろって言ってるの不思議だなあと思っていた。

でも今は時々わかる。飯テロってこれか〜!ってなる。時々。いつもではない。
でもまあ進歩よね。

このままちゃんと健康的とされる食事ができるようになるといいなあ。


  • 20171030234123904.jpg
posted by ヤナ at 23:41| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

台風が来たけどそんなに困らなかった



昨日の記事で「台風が来たら困る」という話をしたわけだけれど、実際に台風は来てしまったね。超大型でしょう?925hpa。

沖縄の人は台風が来るとヘクトパスカルを見て判断すると友人から聞いたけど、うちなんちゅでないヤナさんですら925hpaがやばいのは知ってる。

だって通常は1016hpaとか1018hpaとかじゃないっけ?
やべ、これ私間違ってたら頭の悪さが露呈するけれど。

とにかく今回の台風やばいよね。

でもさ、実際に昨日書いたようなハード(そう)な予定をこなし始めてみてさ、なんか思ってたより大変じゃないなって思って。

まず色んな人が助けてくれるね。
そりゃあそのヘルプの質と程度は相手の余裕と我慢に完全に依存しているけど、助けてくれようとしてくれるし、その心が嬉しい。私を気にかけてくれてるってさ、どんなに不器用な方法でも、そこは伝わってくるのよね。

ってことを考えられてる私は少し精神が回復してきたかなって思うけれど。

こういう瞬間に、神様に祈りたくなるんだろうなってちょっと思う。
心が汚れてしまって、濁ってしまって、弱ってしまって、他人の言動の悪いものばかりに囚われてしまうとき。自分が恵まれていることに気づき、どんな些細なことでもいいから良い部分を見出そうとするっていうのは、私の元居候先の人たちが神に祈っていた内容だなって思って。

それがスラスラ出てくるような心持ちのときはいいけれど、そうでないときでも神様にありがとうと言うためになんとか捻り出すのだろうし。捻り出して、神様に感謝するという体裁で自分に無理にでも言い聞かせてるのではって思って。「私は恵まれている」って。

話が逸れたけれど、台風が来てもこのままの様子だと想像していたよりずっと大変じゃなさそうです。だから、取り越し苦労ってあるなって。

考えすぎて疲れるっていうのもあるけれど、いい方面に考えすぎて疲れる人ってそんなにいないと思うんですね。考えすぎて疲れるっていうのは、悪い方向に考えすぎて疲れるのが一般的じゃないかなあと思うんです。

で、私は自分のどこが"一般"や"常識"を共有できているのか分からないので完全なる想像でこう推測するんですが、恐らく一般的には悪い方向に考えるのは「万が一に備えるため」だと思うんですね。何か予想外のことが起こってもうまく対応できるように脳内シュミレーションしておくっていう。

でも、一方で、「最悪の状況を想定しておけば最悪の状況が起きても想像通りであまりダメージを受けないし、多少の失敗や苦労があっても想定していた最悪よりはずっとマシなのでメンタルダメージが少なくて済む」ってタイプもいると思う。

そして、私は精神の調子が小学生ぐらいからおかしかったので、わりとこういう後者の思考回路が身についてしまっているんだと思う。

でもこの考えって、「傷つけられる前に傷つける」方法なので、最悪な状況以外の結果が出た場合は必要以上に傷ついた分損なんですよね。たとえ後から想像よりマシだった!ラッキー!と思ったとしても。

なんというか、なんと例えたらいいだろう…分からない…

まあ、1回ついた傷はそう簡単に消せるもんじゃないってことかなあ。

だからね、余計疲れちゃうと思うのよね。あんまり悪い方向の未来の可能性を考えてると。

だから、できるだけ私は先のことを考えない人間になりたい。楽に生きたい。

どうせ未来のことを考えるとネガティブな方向に流れちゃうからね。

それを今回の台風が来たおかげで再確認できたって話でした。

  • 20171022143216150.jpg
posted by ヤナ at 14:32| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

とんだブロガーだぜわたしゃ…


遥か遠い昔(って言っても1年前ぐらい)に捨て去った私の過去のブログ(https://ameblo.jp/tayu11066/)が毎日10ヒット以上し続けている。

こんな舐め腐ったふざけたタイトル(「山崎退(32)」)なのに…

たしかこの頃銀魂のジミーこと山崎退の年齢が32歳ってことが知れて32歳ショックだか30代ショックだかなんか事変があったのよね。

個人的にもわりとショックあったわ。

ただ私の場合は他の人よりショックが軽かったと思う。

なぜなら最初から山崎さんは局長、副長(もちろん沖田さんも)よりも年上だろうとは思ってたから。

銀さんが23歳ぐらいという情報があったから、沖田さん18歳、土方さん23歳、近藤さん25〜26歳、山崎さん28歳ぐらいだと勝手に踏んでたわけ。

そしたらどうも皆2〜4才ぐらい予想より年上っぽい。いや、沖田さんのは公式設定だけど。

いや実際山崎さんは年上なのにイジられキャラで後輩にもイジられる先輩オーラは出てるよね。優しいからね。

いや、山崎さんの話はいいんだわ。銀魂で一番好きだからいくらでもこの話できるけど今じゃないわ。

で、私のその以前のブログの記事なんですが、こっちのブログに移動させようかなーって。どうせだし、統合したいよね。もうこっちにもそれなりに記事書いてしまったし、あっちから輸入するほうが良さそうだ。

ってことで頑張ってちまちまインポートします!

↓サムネイルはもちろんあんぱん!
  • 20170912133150735.jpg
posted by ヤナ at 13:32| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ダイソーはいいよな


いやーーーー
やっぱダイソーって、いいね!!!!!

安いよね、百均だからね!

こだわりのないものは安いのでいいもんな。やっすいので。洗濯の網とか、私デカければなんでもいいもの。たくさん入れば良い。

そう、あんまりこだわりがないものは大体100均で買うな、私は。お金がないからな。デザインも悪くないじゃない、案外。

あとは、ダイソーは品揃えがすごいよね。店舗どこも広めな気がする。

今日も机の上に置く用のペン立て?ペンケース?筆記用具立て?買ったよ。軽いし丈夫そうだし安定がいいしよい。デザインもシンプルで良い。詳しい説明を書いたら地域を特定されそうで怖い。

私万年筆とかインクとか好きなの言いましたっけ?ここで?

好きなんですよねー。

万年筆ってニブ(書くとこの金属)部分を下にして保管しなきゃいけないらしくって。でもってインクを入れたら1日に1回は書いてあげることでメンテナンスになるらしくって。

ってなると机上に常に置いておきたいし、立てておいてあげたいし。

ってことでペン立て買ったんです。

万年筆の表面?軸部分が傷つかないように、鉄製のものとか尖ってるものは避けてね。って選り好みしてるのに気に入るものが見つかるからすごいよね、DAISO。品揃えだわ、本当に。

そういえば今日店内放送で1ヶ月に500点新商品が出るとか言っていた気がする。あんまり詳しく覚えていないけど。

引っ越ししてきたばっかりの頃はDAISOさんに頼りっぱなしだったなあー。何か足りない!ってなったら速攻でDAISO行ってたわ。近くにあってよかった。

今度万年筆関係とかインク関係のことも書くね、DAISO様の神メモと神ノートのこと書くね。超おすすめだから。実際Twitterの万年筆界隈では結構有名だ、安いしオシャレなのに紙質が良いってので。


  • 20170911180318475.jpg
posted by ヤナ at 18:03| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

クレーム対応を初めて見た


理不尽なクレームつける人を人生で初めて見たし、それに対応する人も初めて見た。

クレームつける方の手口すごいね、マウンティングとモラハラの嵐だね。敬語使わないし、偉そうだし。

「僕は君の説明では全く納得できない!」
店員「なぜですか?」
「何言ってるか理解できないし」

店員さんなんて説明うまい人たちなんだからその説明が分かんなかったらそれはお前に理解力がないってことだろ…
ていうか分かんないなら分かんないなりに理解しようと分かんないところをちゃんと質問して分かろうとしろよ…分かろうとする努力をしろ…

その人その後もっと上の奴を出せとか前に対応した奴を出せとか消費者センター行くぞとかお前の名刺をよこせ、ないなら名札をコピーしろとか言い出してさ。店員さんが「僕より上の者が出ても結果は同じなので」とか「前の者は8月いっぱいで転勤しました」とかって対応したら「じゃあ今すぐ電話しろよ」ってなって、「あと10分したら戻ってくるから。10分あればこれぐらいできるだろ?」って言って席を立ちそれからずっと戻らず…(笑)

勝てないと思ったんだろうね(笑)
引き際が分かんなかったんだなあ〜。

対応してた店員さん必死こいて電話してたけど、10分すぎても戻ってこなくて他の店員さんと顔を見合わせて馬鹿にしたような嘲笑するような笑顔を滲ませていたよ。

でもあっちの引き際が分からないからってモラハラされてたら溜まったもんじゃないよな。ストレス社会すぎる。なんでああいう人間が存在できるんだ?

でも私思ったのが、意外と店員さんも強気だよね。時々敬語外れてたし、腹立ってるの聞いてて分かるぐらい表に出てたし、それこそ「僕より上の者が出ても何も変わらない」発言だって強気だし。ああいう対応って許されてるんだなあ。

でもこういうの見ると嫌になるね。生きるの辛いなあ、ストレス社会だわほんと。

  • 20170904070122407.jpg
posted by ヤナ at 07:01| Comment(0) | 発見したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする